0から90日でふじいあきらのマジックができる

ふじいあきらのマジックのタネや考え方について解説していくブログです。 マジック初心者の方にも分かりやすく丁寧(ていねい)に説明していきます。

メールマガジン申込み

メルマガ登録・解除
テレビで見たプロマジシャンのマジック解説
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

アクセスアナライザー

姉妹ブログのご紹介

わたしが運営しております姉妹ブログです。 こちらのブログも楽しめますよ。

プロフィール

インスパイア マジック

Author:インスパイア マジック

こんにちは。「インスパイア マジック(Inspire Magic)」と申します。
私のプロフィールは以下の通り。
性  別 男性
年  齢 36歳
住  所 大阪市内
仕  事 法律関係の事務職
趣  味 当然マジック
家族構成 愛妻1人 愛娘1人

マジック初心者の方が楽しめるようなブログを書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

最新の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アドセンス

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

プロとアマチュアがマジックをするシチュエーション(状況設定)の違いについて

2006/01/01 01:01

=======================
○プロがマジックをする環境
=======================

われわれアマチュアから見ると、プロのマジックをする環境というのは、うらやましいとおもえる点がいろいろあります。


まず、高価そうなクロースアップ・マットが全面に敷かれているテーブルで観客が待っており、そのテーブルのマジシャン側には、マジックで使う道具がロードできるように、セッティングしまくられています。


また、そのテーブルの大きさや椅子の配置を指示することにより、観客との距離・角度が自分で調整できます。


そして、自分自身も別室で完璧に服やポケットに道具を仕こんで登場し、マジックを始められます。


「そりゃ、次から次へ不思議なものが飛び出してきてもおかしくないよ」、とアマチュアの立場ではおもってしまいます。


=======================

また、マジシャンの家族や知人が見ているわけではないので、失礼なツッコミや、きわどいタネの推測発言や、マジシャンのポケットに手を突っ込んできたり、テーブルの下をごそごそ点検したりするような大胆な人は、さすがにいません。


比較的、人間関係の距離が遠い状態といえます。

マジック後に、「観客が道具を調べないなら、そりゃ何ぼでもギミック使い放題(ほうだい)、やりたい放題できるよな」、とアマチュアは愚痴(ぐち)りたくなります。


しかし、プロマジシャンのつらいところは、失敗が許されないのはもちろんのこと、結構まとまった数のマジックを見せないと、ショーとしては成立しないし、現象が地味では、他のプロマジシャンと比べられた時に、不思議だけどなんか面白くない、などとおもわれてしまう恐れがあります。


また、あまりに同じマジックをしすぎると、さすがに飽きられるので、最新のマジックを常に探し、レパートリーを増やす努力を怠れない、といった苦労もあります。


また、いいマジックほど、他のプロマジシャンもレパートリーに入れておられるので、マジックがかぶってしまう、という問題もあります。



=======================
○アマチュアがマジックをする環境
=======================

これに対して、アマチュアは、見せる観客が身近な人であることが多いので、マジックが終わると、とことん道具を調べられることを、覚悟しなければならない、という苦労があります。


また、マジック前の準備に関しても、服やテーブルにいろいろな道具を仕こむのは難しいでしょう。


日常生活を送れる範囲内で、ポケットに忍ばせておける道具には、限界があります。


かといって、マジックをする前に「ちょっと準備してきます」、と言ってトイレに行って、道具をセットして帰ってこられると、私が観客ならそれだけでマジックの不思議度が半減(はんげん)するように感じられます。


しかし、逆にマジックをリクエストされて、何気なく始めたそのマジックが、思いのほか不思議で、どんなに道具を調べてもタネが分からない場合、観客の驚きは、仕かけが無いのを実感しているだけに、ある意味プロに対するものを超える事があります。


これが、アマチュアにとっての一番の醍醐味(だいごみ)ではないでしょうか?


逆に言えば、プロに対してはとことん調べる人がいないが故に、実は内心では不思議におもっていない観客も結構いる、とわたしはおもうのです。


マジックのタネを推測するのが大好きだった昔の自分が、まさに、こういうタイプの観客でした。


その推測が当たっていないにも関わらず、「調べていないあそこが怪しい」とおもい、でも確かめる術(すべ)も無いので、かえってそのままその推測を勝手に確信に変えて、あまり心から不思議におもっていなかったのです。


プロマジシャンにとっては、たまったものではありません。


=======================

また、アマチュアがプロより有利な点として、アマチュアはたくさんのマジックをする必要はありません。

一度の機会に1個か2個すれば十分です。


むしろ、その方が観客の好印象が後を引き、その観客の知り合いにも見せてあげたいと思ってもらい、「例のあれやってあげてよ」、などとうれしいリクエストも頂けるのではないでしょうか?


私の好きなホームページ「マジェイアの魔法都市」を運営されているマジェイア氏もそのようなことを述べておられました。


マジックのレパートリーが増えてくると、どうしてもはまってしまうマジックやりたがり状態だった過去の自分を反省しておられる文章を書いておられます。


「好きなところでやめられる」これがアマチュアの特権です。

この特権をフルに活用しましょう。


スポンサーサイト
未分類TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inspiremagic.blog115.fc2.com/tb.php/13-9b1443db

カテゴリー

QRコード

QRコード

携帯電話のバーコードリーダーで上のQRコードを読み取ってお気に入りに登録してください。 携帯でもこのブログが読めるようになります。

ブログ内検索

カードマジック事典アンソロジー

ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー
ふじいあきら (2005/03/16)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る



マジックのマニアなら必ず読んでいる「カードマジック事典 高木重朗著 (東京堂出版)」という本があります。

いい本なのですが、書籍という形のため、マジックの現象がなかなか映像としてイメージしにくい部分がありました。

このDVDではそれを映像化するとともに、原案(げんあん)では演じにくい部分をふじいあきら氏の方法で改案(かいあん)しています。

技巧派(ぎこうは)のふじいあきら氏の改案なので一般の人からすると技術的に難しくなっている部分もありますが、合理性のある改案で興味のある方は勉強になります。

マジック初心者の方にとっては、訳(わけ)の分からない単語だらけですが、私のブログをこれからお読みいただければ分かっていただけると思います。

特に「アンビシャス・カード」と「トライアンフ」は身に付けるといつでも演じられる一生の宝物のようなすばらしいマジックだと思います。


内容
マジック解説
1 ライジングカード
2 カットして当てるカード
3 ストップカード
4 トライアンフ
5 Do as I DO
6 ポケットに通うカード
7 封筒の中のカード
8 色の変わるデック
9 アンビシャスカード
10 デックの消失

技法解説
クラシックパス
カバーパス
ダイアゴナルパームシフト
カル
サイドスティール
トップパーム

カードマジック事典

カードマジック事典 カードマジック事典
高木 重朗 (1983/01)
東京堂出版
この商品の詳細を見る



上で紹介したDVD「ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー」の元となっているマジック業界ではとても有名な本です。

私も隅(すみ)から隅(すみ)まで読み、いろいろ勉強になりました。

著者の故高木重朗氏は日本のマジック界をリードされてきたすごい博識のある方です。

限られたページ数の中で約200個ものマジックと基本用語解説、約100個もの技法解説という驚くべきボリュームのトランプマジックに関する解説がなされています。

もっとも、それ故に1つ1つの解説は簡単にポイントを絞ったものになっており、初心者の方が読む場合は、さらに詳しく解説してくれる人やDVDなどが必要だと思います。

一通り読んだだけではそのマジックの現象をイメージできず、またそのマジックの素晴らしさが分からないまま読み飛ばしてしまいがちです。

このブログでもカードマジック事典のマジックや技法をマジック初心者の方にも分かりやすいようにでき得る限り丁寧(ていねい)に説明していきたいと思います。

この本を購入されてご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

誠意をもってお答えさせていただきます。


マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

リンク集

Copyright(C) 2006 0から90日でふじいあきらのマジックができる All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。