0から90日でふじいあきらのマジックができる

ふじいあきらのマジックのタネや考え方について解説していくブログです。 マジック初心者の方にも分かりやすく丁寧(ていねい)に説明していきます。

メールマガジン申込み

メルマガ登録・解除
テレビで見たプロマジシャンのマジック解説
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

アクセスアナライザー

姉妹ブログのご紹介

わたしが運営しております姉妹ブログです。 こちらのブログも楽しめますよ。

プロフィール

インスパイア マジック

Author:インスパイア マジック

こんにちは。「インスパイア マジック(Inspire Magic)」と申します。
私のプロフィールは以下の通り。
性  別 男性
年  齢 36歳
住  所 大阪市内
仕  事 法律関係の事務職
趣  味 当然マジック
家族構成 愛妻1人 愛娘1人

マジック初心者の方が楽しめるようなブログを書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

最新の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アドセンス

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

わたしの目標とするマジック

2006/01/01 01:01

=======================

私が、目指すのは、アマチュアのアマチュアによるアマチュアのためのマジック(The magic of the amature,by the amature,for the amature)です。


もっとも、マジックのクオリティとしてはプロ級のマジックを目指していきます。


プロよりレベルの落ちるマジックという意味ではないので、誤解なさらないでください。


=======================

プロとアマチュアのマジックをするシチュエーション(場面設定)は異なります。


アマチュアは、アマチュアの場面設定にふさわしいマジックを準備しておく必要があると思います。


=======================
○アマチュアが演じるべきマジックの条件○
=======================
1.マジック道具の量とカサが少ないこと
=======================

服のポケットに忍ばせておく道具や鞄(かばん)に入れておける道具は、日常生活に支障のない程度であることが必要になります。


日常生活の中で、やたらトランプでポケットがふくらんでいたり、定期券を出そうとしてカードが出てきたら異常者です。


笑い話ではなく、そのような準備を要求するマジックが実際にあるのです。


そのようなマジックをする場合は、「ちょっと待って」と言って別室に行き、準備して帰ってこないといけませんが、これによってマジックの不思議さが半減(はんげん)してしまいます。


アマチュアにとって、ムリな準備のいるマジックは、私としては却下(きゃっか)です。


=======================
2.借りた道具でできること
=======================

持ち歩き道具を減らすためにも、借りた仕掛け(しかけ)のない道具でできるマジックを、身につけていると「一生の宝」になります。


トランプを借りるということは、日常生活の中でありえませんが、500円玉と、お札と、タバコは借りたものでできるマジックを、まず身につけておくべきでしょう


もっとも「借りたトランプでもできます。」などという謳い文句(うたいもんく)でマジック販売をしているのを見かけましたが、マジック販売をしている人というのは、どうしても一般人と常識がかけ離れていくように思います。


=======================
3.どんなに近寄られても大丈夫であること。
=======================

アマチュアは、観客との距離を選べません。

世の中には「観客と少し離れて演じてください。」と、平気で解説書に書いてあるマジックが本当に多いのです。

だからといって、観客に「それ以上寄らないで見てください。」などと指示するのでしょうか?


そんなマジックはストレスがたまって、とてもではないですが、アマチュアには演じられません。


観客の中には、あまりに近づきすぎる人がいたりしますが、逆にその場合は視野が狭くなるので、ミスディレクションの技術を身につければ、いくらでも注意をそらせることは可能です。


=======================
4.角度に強いこと。
=======================

アマチュアは観客との角度も選べないので、テーブルのとなりの席の人が、平気で横からのぞき込んできます。

少なくとも前方120度ぐらいの角度から見られても、大丈夫ないわゆる「角度に強いマジック」であることが必要です。


後ろや下から見られると、さすがにコインマジックはできませんので、前から見てもらわないと私の背中ばかり見ていても面白くないし、一瞬で何か起こっても見逃してしまいますよ、という説明をしてできるだけ前に回ってもらいます。


観客が子供の場合、360度囲んできて、目をパチクリしながら見てくる、という厳しい状況によく見舞われますので、角度の問題がよく起きます。


「前に回ってもらわないと楽しくないですよ。」ということを強調して、あわてず冷静に対処(たいしょ)しましょう。


よく角度に弱いマジックを、1つの角度から固定した定点カメラで撮った動画を使って、販売しているマジックがあります。

下手をすると真上からの映像のものもあったりするのですが、そんなマジックに果たして意味があるのでしょうか?


=======================
5.マジック後の道具の検(あらた)めは、とことんされても大丈夫なこと
=======================

これが最も重要です。

逆に、マジック前の道具の検(あらた)めは、こちらのペースで行ってもいいとおもいます。

不思議さをそこなう事はないと思います。


但し、「マジック後の道具の検(あらた)めに完全に耐えられる」というこの条件は、さすがに厳しすぎます。


そこで、たとえ終わった直後は、ギミックや余分なコイン、余分なカードが残り、完全な検(あらた)めは不可能という状況でも、何かをミスディレクションとして、タネの処理が出来るルーティンであればOKだと思っています。


具体的には、カードが一瞬でチェンジするマジックで、チェンジしたカード自体には、タネがなくて、それを調べてもらっている間に、本当に仕掛けのあるタネのカードを隠してしまえる、というようなマジックであれば、私の基準でも合格です。


=======================

しかし、残念ながら世の中には「一瞬で変化する物自体がギミックである」というマジックの方が圧倒的に多いです。

わたしから見ると「これは商品として売っていいものなのだろうか」と疑問に思うのですが、マジックショップの店員の方は一般的に「道具は渡す方が悪い」という見解のようです。


ただ、誤解しないでいただきたいのは、わたしは「必ず観客に道具を検(あらた)めてもらうべきだ」と言っている訳ではありません。


道具を調べさせて「どうやー、タネ分からんやろー」という挑戦的な態度が、観客とマジシャンの対決形式を作ってしまう恐れもありますし、また、自分から「タネを検めてください」と、申し出るときと、申し出ないときがあると、かえって怪しいからです。



できれば、観客から「調べさせてー」と言われたら、一度は嫌がり困るぐらいの演技をする方が望ましいです(マジシャンが嫌がるとかえって観客はうれしくなって絶対に引き下がりませんが)。


「道具を検められても大丈夫である」ということは、アマチュアという立場で演技をするときに、演技中の精神的なストレスをなくすため、必要不可欠(ひつようふかけつ)な要素だと、わたしはおもっています。


必ず役に立たなくても、安心感を得られる保険のようなものです。


そうやって、タネがばれないマジックをいくつかして、場数を踏んでいくことにより「検められては困るマジック」ができる観客、できるタイミングを感じ取り、平気で堂々とギミックを使うマジックをできるようになるのが、理想ではないかと考えています。


=======================
6.現象は地味でもかまいません。
=======================

道具を調べてもらうことにより、不思議さが増すので、現象自体はあまり派手でなくてもいいです。


マジックは、「現象が派手であればあるほど、タネがばれやすい傾向にある」とわたしはおもうので、あまり派手な現象を目指さなくてもいいのではないでしょうか?


=======================
7.観客の手の中で、現象が起こるマジックであること
=======================

観客の手の中で、現象が起こるマジックが望(のぞ)ましいとおもいます。

テレビや大がかりなショーではなく、せっかく少人数に対して至近距離(しきんきょり)でマジックを見せられるのがアマチュアの強みなのですから、観客の手の中で現象が起これば、大きな声を出して驚いてくださる観客もいて、とても盛り上がります。


また、これを理由にきれいな若い女性とスキンシップをはかれます。

これはスケベな気持ちからだけでなく、マジックを成功させるため戦略的にも必要なことなのです。


若い女性は「不思議なものを信じようとする力」と「手に触れて確かめたい」という本能を持っているので、不思議な現象が、手の中で起きたときに、大きなリアクションをしていただけて、場の全体がいい雰囲気(ふんいき)になる可能性が高い、とおもいます。


これに対して、男性はタネが分からないと「馬鹿にされた」と感じるプライドの高いタイプの人が多く、驚いたリアクションをとるのも恥ずかしいので「なるほどね」などとタネが分かっていないにもかかわらず、分かったような冷めたセリフを吐(は)いて、場をしらけさせてしまう可能性が高いです。


テレビなどの映像であったり、舞台上の観客だけが驚いていたりするのでは、いまいち観客に不思議さは伝わりません。


生(Live)の至近距離で、全ての観客が見ている状態で、一人の観客の手の中で起こる現象は、最もインパクトが強く、アマチュアにとって有利に働くものだとわたしは考えています。


マジックのマニアからすれば、どちらでも不思議さは変わらないように感じるのですが、テーブル上で起こしても問題ない現象を、あえて観客の手に持ってもらってマジカル・ジェスチャーをするだけで、その効果は大きく異なると、わたしはおもいます。



=======================
○わたしがご紹介するマジック○
=======================

以上の条件は、もちろん理想であり、私のご紹介しているマジックが、全て上の7つの条件をクリアーしているわけではありませんが、「常にその理想に近づけていきたい」とおもってがんばっています。





スポンサーサイト
未分類TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inspiremagic.blog115.fc2.com/tb.php/28-5881db44

カテゴリー

QRコード

QRコード

携帯電話のバーコードリーダーで上のQRコードを読み取ってお気に入りに登録してください。 携帯でもこのブログが読めるようになります。

ブログ内検索

カードマジック事典アンソロジー

ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー
ふじいあきら (2005/03/16)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る



マジックのマニアなら必ず読んでいる「カードマジック事典 高木重朗著 (東京堂出版)」という本があります。

いい本なのですが、書籍という形のため、マジックの現象がなかなか映像としてイメージしにくい部分がありました。

このDVDではそれを映像化するとともに、原案(げんあん)では演じにくい部分をふじいあきら氏の方法で改案(かいあん)しています。

技巧派(ぎこうは)のふじいあきら氏の改案なので一般の人からすると技術的に難しくなっている部分もありますが、合理性のある改案で興味のある方は勉強になります。

マジック初心者の方にとっては、訳(わけ)の分からない単語だらけですが、私のブログをこれからお読みいただければ分かっていただけると思います。

特に「アンビシャス・カード」と「トライアンフ」は身に付けるといつでも演じられる一生の宝物のようなすばらしいマジックだと思います。


内容
マジック解説
1 ライジングカード
2 カットして当てるカード
3 ストップカード
4 トライアンフ
5 Do as I DO
6 ポケットに通うカード
7 封筒の中のカード
8 色の変わるデック
9 アンビシャスカード
10 デックの消失

技法解説
クラシックパス
カバーパス
ダイアゴナルパームシフト
カル
サイドスティール
トップパーム

カードマジック事典

カードマジック事典 カードマジック事典
高木 重朗 (1983/01)
東京堂出版
この商品の詳細を見る



上で紹介したDVD「ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー」の元となっているマジック業界ではとても有名な本です。

私も隅(すみ)から隅(すみ)まで読み、いろいろ勉強になりました。

著者の故高木重朗氏は日本のマジック界をリードされてきたすごい博識のある方です。

限られたページ数の中で約200個ものマジックと基本用語解説、約100個もの技法解説という驚くべきボリュームのトランプマジックに関する解説がなされています。

もっとも、それ故に1つ1つの解説は簡単にポイントを絞ったものになっており、初心者の方が読む場合は、さらに詳しく解説してくれる人やDVDなどが必要だと思います。

一通り読んだだけではそのマジックの現象をイメージできず、またそのマジックの素晴らしさが分からないまま読み飛ばしてしまいがちです。

このブログでもカードマジック事典のマジックや技法をマジック初心者の方にも分かりやすいようにでき得る限り丁寧(ていねい)に説明していきたいと思います。

この本を購入されてご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

誠意をもってお答えさせていただきます。


マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

リンク集

Copyright(C) 2006 0から90日でふじいあきらのマジックができる All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。