0から90日でふじいあきらのマジックができる

ふじいあきらのマジックのタネや考え方について解説していくブログです。 マジック初心者の方にも分かりやすく丁寧(ていねい)に説明していきます。

メールマガジン申込み

メルマガ登録・解除
テレビで見たプロマジシャンのマジック解説
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

アクセスアナライザー

姉妹ブログのご紹介

わたしが運営しております姉妹ブログです。 こちらのブログも楽しめますよ。

プロフィール

インスパイア マジック

Author:インスパイア マジック

こんにちは。「インスパイア マジック(Inspire Magic)」と申します。
私のプロフィールは以下の通り。
性  別 男性
年  齢 36歳
住  所 大阪市内
仕  事 法律関係の事務職
趣  味 当然マジック
家族構成 愛妻1人 愛娘1人

マジック初心者の方が楽しめるようなブログを書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

最新の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アドセンス

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第4回 ふじいあきら氏のマジック解説~鼻にマッチ棒~

2007/08/03 22:55

=================================
このブログの目的
=================================
私の好きなふじいあきら氏のマジックのタネや考え方について解説していくブログです。

マジック初心者の方にも分かりやすく丁寧(ていねい)に説明していくつもりですので、よろしくお願いいたします。


=================================
メールマガジンのお申込み
=================================

このブログでは公開できない、マジックのさらに深いシークレット(秘密)な部分についてはメールマガジンで解説しております。

もっと、ふじいあきら氏のマジックについて知りたい方は、「左上の申し込みフォーム」に、あなたの「メールアドレス」を入力して、「送信」ボタンを押してお申し込みください。


=================================
鼻にマッチ棒
=================================

第4回はふじいあきら氏の「鼻にマッチ棒を吸い込むマジック」の解説です。

○マジックの内容○

ふじいあきら氏がマッチ棒を鼻の穴に吸い込んでしまうとマッチ棒が消えてしまうというシンプルなマジックです。

前回も説明したとおり、ふじいあきら氏はあえて「汚い系のマジック」という独自路線を歩んでおられます。

このマジックなども本当に、そのキャラクターにあったものを選択されているなと思います。


=================================
タネの推理
=================================

このマジックにはあまりタネらしいタネはありませんが、マッチ棒を本当に吸い込んでいないことだけは、確かです。


そして、これは、マジックで物を消す時によくある方法の1つですが、上に動かしているものを急に下に動かすと目は付いていけず、そのまま上に物が動き続けているように錯覚(さっかく)して消えたように感じてしまいます。


この原理を使ってペンなどの細長いものを上に投げるフリをして消したように見せるテクニックなどがあります。


このマッチ棒に関しても、鼻に吸い上げる動きをふじいあきら氏が少し大げさに行うことにより、観客の目は上の動きにしか付いていけなくなるという錯覚を起こさせた上で、マッチ棒自体は急に下へ移動しているのだと思います。


=================================

しかし、さすがはふじいあきら氏でこの吸い込んだフリの直後に両手をしっかり検(あらた)めて、マッチ棒が手に残っていないことをすぐに観客に見せます。

これは、どう考えればよいのでしょうか?


=================================
引きネタ(プル)というギミック
=================================

結論から言いますと、このマッチ棒にはゴムが根元側についていると思います。

吸い上げる動作と同時に手を離すとゴムの縮む力でマッチ棒が引っ張られて手の中からも消えてしまうという原理です。

このようにゴムの力により物を引っ張り消してしまうためのギミック(※1)を「引きネタ」又は「プル(Pull)」といいます。

通常のマジシャンですと、袖(そで)の中に隠すのですが、ふじいあきら氏の服装ではムリです。


これは、当然ふじいあきら氏の計算ですが、袖に隠したことを疑われないようにいつも半袖を着ています。


物を袖に隠す技法はスリービング(Sleeving)といいますが、この服装はふじいあきら氏がスリービングを使わないという自信の表れであり、マジックをより不思議に見せるためのものなのです。


では、どこにマッチ棒を隠したのでしょうか?

ここからは推理になりますが、シャツのお腹あたりから吸い込まれて服の中に入ったのだと思います。


=================================
この推理の根拠
=================================

まず、このマジックをやるときのふじいあきら氏は、いつもマッチ棒をいきなり取り出します。

マッチ箱から取り出したり、観客に事前に検めさせたりしません。

後ろにゴムがついていると調べさせられないからだと思います。


また、お腹の辺りからゴムが伸びているというのは、この位置からだと腕のラインに沿って吸われていくので、マッチ棒の引っ張られていく軌道(きどう)が分かりにくいからです。

実際、私が持っている「レイブン(Raven)」という引きネタでお腹へ物を吸い込んで消すタイプのものがあります。


これは半袖でも演じられます。


=================================

★今回はこれぐらいで終わります。

次回もよろしくお願いします。


=================================


○このブログでは、毎回その日に使用したマジック用語を解説いたします。

以下もお読みください。

=================================
○マジック専門用語解説○
=================================

※1 ギミック
マジック専用(せんよう)の仕掛(しか)けのある道具のことを「ギミック」と言います。

 「ネタもの」「売りネタ」などと呼ばれる場合もあり、今までにあなたが手品グッズを買ったことがあるとしたらギミックが一番多いのではないでしょうか?

引きネタやプルも、マジック以外に使いようがなさそうなので、「ギミック」といえます。


=================================
○ただ今ブログ・ランキングに参加しております。
このブログを応援していただける方は、お手数ですが下のリンクをクリックしていただきますようお願い致します。

ブログランキング


にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ

FC2 Blog Ranking


ご協力ありがとうございました。


スポンサーサイト
その他のマジックTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inspiremagic.blog115.fc2.com/tb.php/5-f0330d8c

カテゴリー

QRコード

QRコード

携帯電話のバーコードリーダーで上のQRコードを読み取ってお気に入りに登録してください。 携帯でもこのブログが読めるようになります。

ブログ内検索

カードマジック事典アンソロジー

ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー
ふじいあきら (2005/03/16)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る



マジックのマニアなら必ず読んでいる「カードマジック事典 高木重朗著 (東京堂出版)」という本があります。

いい本なのですが、書籍という形のため、マジックの現象がなかなか映像としてイメージしにくい部分がありました。

このDVDではそれを映像化するとともに、原案(げんあん)では演じにくい部分をふじいあきら氏の方法で改案(かいあん)しています。

技巧派(ぎこうは)のふじいあきら氏の改案なので一般の人からすると技術的に難しくなっている部分もありますが、合理性のある改案で興味のある方は勉強になります。

マジック初心者の方にとっては、訳(わけ)の分からない単語だらけですが、私のブログをこれからお読みいただければ分かっていただけると思います。

特に「アンビシャス・カード」と「トライアンフ」は身に付けるといつでも演じられる一生の宝物のようなすばらしいマジックだと思います。


内容
マジック解説
1 ライジングカード
2 カットして当てるカード
3 ストップカード
4 トライアンフ
5 Do as I DO
6 ポケットに通うカード
7 封筒の中のカード
8 色の変わるデック
9 アンビシャスカード
10 デックの消失

技法解説
クラシックパス
カバーパス
ダイアゴナルパームシフト
カル
サイドスティール
トップパーム

カードマジック事典

カードマジック事典 カードマジック事典
高木 重朗 (1983/01)
東京堂出版
この商品の詳細を見る



上で紹介したDVD「ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー」の元となっているマジック業界ではとても有名な本です。

私も隅(すみ)から隅(すみ)まで読み、いろいろ勉強になりました。

著者の故高木重朗氏は日本のマジック界をリードされてきたすごい博識のある方です。

限られたページ数の中で約200個ものマジックと基本用語解説、約100個もの技法解説という驚くべきボリュームのトランプマジックに関する解説がなされています。

もっとも、それ故に1つ1つの解説は簡単にポイントを絞ったものになっており、初心者の方が読む場合は、さらに詳しく解説してくれる人やDVDなどが必要だと思います。

一通り読んだだけではそのマジックの現象をイメージできず、またそのマジックの素晴らしさが分からないまま読み飛ばしてしまいがちです。

このブログでもカードマジック事典のマジックや技法をマジック初心者の方にも分かりやすいようにでき得る限り丁寧(ていねい)に説明していきたいと思います。

この本を購入されてご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

誠意をもってお答えさせていただきます。


マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

リンク集

Copyright(C) 2006 0から90日でふじいあきらのマジックができる All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。