0から90日でふじいあきらのマジックができる

ふじいあきらのマジックのタネや考え方について解説していくブログです。 マジック初心者の方にも分かりやすく丁寧(ていねい)に説明していきます。

メールマガジン申込み

メルマガ登録・解除
テレビで見たプロマジシャンのマジック解説
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

アクセスアナライザー

姉妹ブログのご紹介

わたしが運営しております姉妹ブログです。 こちらのブログも楽しめますよ。

プロフィール

インスパイア マジック

Author:インスパイア マジック

こんにちは。「インスパイア マジック(Inspire Magic)」と申します。
私のプロフィールは以下の通り。
性  別 男性
年  齢 36歳
住  所 大阪市内
仕  事 法律関係の事務職
趣  味 当然マジック
家族構成 愛妻1人 愛娘1人

マジック初心者の方が楽しめるようなブログを書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

最新の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アドセンス

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第7回 ふじいあきら氏のマジック解説~トランプの予言マジック3~

2008/05/11 01:52

=================================
動画(ムービー)コーナー
=================================
私の好きなマジックの動画(ムービー)を掲載するコーナーです。

=================================
マキシ・トゥウィスト(Maxi-Twist)
 動画 約5MB

=================================

片手に持ったエースが指を鳴らすごとに1枚ずつ裏返ります。

最後は、スペードのエース以外のエースがいつの間にか消えて、スペードの4,3,2に変わっています。

マキシ・トゥウィスト(Maxi-Twist)
マキシ・トゥウィスト(Maxi-Twist)



上の画像をクリックしてご覧ください。
インターネット回線の速度が遅い方は、画像に右クリックし「対象をファイルに保存」でデスクトップに保存されてから、そのファイルをダブルクリックして見ていただくと見やすいです
=================================


原案者 ロジャースミス(Roger Smith)によるトゥイスト現象のマジックです。

第5回の動画コーナーでご紹介したトゥィスティング・ディ・エーセス(Twisting the Aces)の改案として、よく解説されています。


しかし、パケット内でのトゥイスト現象という共通点以外は、かなり違う現象で改案の域を超えている作品だと思います。

アトファス・ムーブ(Atfus Move)というシークレット・ムーブがなかなか難しく自分の動画(ムービー)でも、下手だなと思いますが、最後のクライマックスで3枚のエースが、スペードの4,3,2に変化しているのは、現象として派手で、練習のしがいがあると思います。


あなたも絶対にできる様になります。


まずは「左上の申込みフォーム」から「まぐまぐのメールマガジン」にお申込み下さい。


=================================
このブログの目的
=================================

私の好きなふじいあきら氏のマジックのタネや考え方について解説していくブログです。


このブログを読んでいけば、ふじいあきら氏のようなマジックがあなたにもできるようになります。


マジック初心者の方にも、分かりやすく丁寧(ていねい)に説明することでは、誰にも負けません。

しっかりついてきて下さい。


=================================
メールマガジンのお申込み
=================================

このブログでは公開できない、マジックのさらに深いトップ・シークレット(秘密)の部分についてはメールマガジンで解説しております。


もっと、ふじいあきら氏のマジックについて知りたい方は、「左上の申込みフォーム」に、あなたの「メールアドレス」を入力して、「送信」ボタンを押してお申し込みください。


=================================
トランプの予言マジック
(青裏と赤裏ごちゃ混ぜバージョン)

=================================

前回(第6回)に引き続きトランプの予言マジックの解説です。

このマジックのタネは簡単だと言いました。

予言の内容をよく分析してみましょう。

最初の予言は、表向きのカードの枚数を当てる予言です。

これを当てるにはどうしたらいいでしょうか?

答えは簡単です。

最初に、表向きにするカードを自分で15枚に調整すればよいのです。

後でいくらシャッフルしようが、観客にシャッフルさせようが、裏向きのカードの枚数と表向きのカードの枚数は、変わらないのですから、そもそもシャッフルに意味はないのです。

=================================

では、次にその表向きのカードのうち、7枚が赤裏のカードだと当てるにはどうしたらよいでしょうか?

これも答えは簡単です。

最初に表向きにするカード15枚のうちの7枚を赤裏にセットしておけばよいのです。

これも、シャッフルによって、枚数が変わることではありません。


=================================

赤裏のカードのうち、ハートのクイーン以外を絵札でないカードにするのはどうするか?

もう分かりますよね。


最初の15枚は、ふじいあきら氏がセットしている15枚なので、全て枚数はあらかじめ数えた上で予言を書いているのです。


そして、シャッフルによって変わる事のない枚数のみを予言していくだけです。

最終的に、観客にハートのクイーンを指差させるのは、本当に気持ちいいと思いますが、嫌われないようにお気をつけ下さい。

自分のキャラクターとも相談しなければなりません。

=================================
★セットした15枚を正確に取り出す方法★
=================================

デックの上から15枚にセットしてあったとします。

最初に、15枚ゆっくり数えて慎重に表返していたのでは、マジックが台無しです。

15枚目のカードに何らかの目印があるものと思われます。

これは、マジシャンにとっては得意分野で、「カードのコーナーに鉛筆で薄く印を付ける(ペンシル・ドット)」とか、「そのカードだけ少しコーナーを曲げておく(クリンプ)」とか「そのカードを2枚重ねの少し分厚いカード(シックカード)にしておく」とかいろいろな方法があります。

このマジックでいえば、コーナーを曲げておくという「クリンプ」という技法を、私なら選択します。

ペンシル・ドットだとカードを目で探さなければならないからです。

手の感触で分かる方が、観客と会話しながらでも、さりげなく15枚目のカードを選べます。


シックカードを選択しないのは、2枚重ねのカードを作って、デックに忍ばせておくのは、面倒くさいからです。

ただ、どうせこのデックはこのマジックにしか使えないものなので、最初からシックカードをセットしておいた方がいいかもしれません。

折り曲げるクリンプだと、万一折り目が分からなくなると結構つらいからです。

=================================
★観客にシャッフルさせるリスク★
=================================

ふじいあきら氏は、観客にシャッフルさせていましたが、結構これはリスクの大きい行為です。

もちろん、このマジックは観客にシャッフルされても進行上全く問題ないように手順を組んでいます。

しかし、トランプを日頃マジシャンのように扱いなれていない一般の方がシャッフル中にカードを何枚か落としたらどうでしょうか?

このマジックはその時点で終わりです。

マジックの途中の操作を、観客にしてもらうというのは、マジックの不思議さが増していいことなのですが、思わぬハプニングが起こることも覚悟しておかなければなりません。


何とも恐ろしい話ですが、万一の事も考えて、何度かカット(※)してもらうだけにした方がいいかもしれません。

※ カット(Cut)
デック、又は、パケットを2つ(3つ以上の場合もあります)に分け、上半分のパケットと下半分のパケットを入れ替える事を「カット」といいます。


=================================

★今回はこれぐらいで終わります。

次回もよろしくお願いします。


=================================

動画(ムービー)を見た感想、マジックについて分からないことなど、どんどんコメントに書いたり、メールを送ったりして下さい。

dp12253215@qa.lolipop.jp


マジックマニアでない初心者の方が、今マジックのどこに興味を持ち、何が疑問なのか、それが私の一番興味のあることです。


そのようなあなたの感想や、ご質問がこのブログを一層よくしていきます。

よろしくお願いします。


=================================
○ただ今ブログ・ランキングに参加しております。○
=================================

このブログを応援していただける方は、お手数ですが下のリンクをクリックして下さい。

ランキングが上がる事により、よりたくさんのマジックに興味ある方に、このブログをお読みいただけます。

ブログランキング

現在、カテゴリ「テレビ」において第24位を獲得(かくとく)


にほんブログ村 テレビブログ テレビバラエティーへ
現在、カテゴリ「テレビバラエティー」部門において第4位を獲得(かくとく)


FC2 Blog Ranking
現在、カテゴリ「テレビ」部門において第20位を獲得(かくとく)

ご協力ありがとうございました。


=================================
○日記のコーナー○
=================================

★マジックショップでの振舞(ふるま)い方について★

地方にお住まいの方は、マジック道具専門のショップに直接足を運ぶという機会は少ないと思うのですが、何かの用事で都市部に出られたついでにマジック道具専門のショップに寄って行きたいと思われることも多いでしょう。

その際に、数少ないマジックショップに行ける機会を有意義に過ごすための注意点を私なりにまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

=================================
○マジックショップでの店員との接し方○
=================================

マジック道具専門のショップというのは、初めて行くと雑然(ざつぜん)と並べてある商品の山とか、少し客を寄せつけない雰囲気(ふんいき)とか、そういうものに圧倒(あっとう)されてしまう事があります。

しかし、これは一定のルールを守らない人への警戒心の現(あらわ)れであって、決してサービス精神がない訳ではないのです。


=================================
○マジックショップでの暗黙(あんもく)のルール
=================================

1.マジックのタネをしつこく聞いたり、タダで知ろうとしたりしない。

2.自分の好きなマジックのジャンルやマジシャンを伝えて、おすすめのマジックを実演してもらう。

3.マジックを実演してもらった時には、馬鹿にされまいと変に警戒(けいかい)せず、素直に驚く。

=================================
こういったコミュニケーションをちゃんと取りさえすれば、店員の方もきちんと対応してくれます。マジック初心者だからといって怖(こわ)がる必要は全くありません。


マジックショップにとっては何でも知りすぎたマニアが来るより、素直に驚いてくれる初心者の方が来てくれるほうが大観迎です。


すでにかなりのマジック道具を購入済みのマニアより、初心者の方のほうが買ってもらえるであろう商品もたくさんあるでしょうから。


=================================
○自分のマジックの知識、経験を知ってもらう
=================================

店員の方はあなたのマジックの実力をいつも探(さぐ)っています。

一般的にマジックのグッズは、残念ながら初心者の方が何の基礎知識(きそちしき)もなく理解できるようには解説されていないものが多いです。


テンヨーというメーカーなどの一般向けマジック・グッズだと簡単な言葉では解説されていますが、逆にその商品の奥深い使用方法やさらに不思議な現象を起こせる可能性についてつっこんで解説している事はありません。


私はそういった点が問題であると思い、このブログを作ったのですが、通常のマジック専門店であれば初心者の方から分からないというクレームがあっては困るので、「カードマジック事典」や「コインマジック事典」を読んでいるレベルにあるか、基本技法を使うマジックを購入した事があるかといった点をさりげなくチェックしておられます。


本当の初心者だと認定(にんてい)されるとスヴェンガリ・デックを薦(すす)められる事が多いでしょう。
※スヴェンガリ・デックというギミック・デックについてはいずれ詳しく解説したいと思います。


この商品でさえ、奥深い全ての使用方法について解説してもらえるわけではないのですが。


マニアだと認定されると最近入荷されたDVDや珍しいパケット・トリックなどを薦(すす)められる事が多いと思います。


マジックショップで一番楽しい時間を過ごせるのは、店員の方が自分以外のお客さんに対して次々とマジックを見せておられるのを横で見ている時です。


そのお客さんがマニアではない方達だと、店員の方もセリフ回しなどから、本気でパフォーマンスしてくださるので、とても勉強になります。


又、自分自身が見せてもらっている訳ではないので「見せてもらったからには買わないといけないのではないだろうか?」という、店員の方の笑顔のプレッシャーを感じる事もありません。


=================================
○商品の欠点を聞ける○
=================================

「マジックショップに行ってよかった」と私が思えるのは商品の欠点を聞ける事です。

とはいえ、あまり正面から「この商品の欠点は何ですか?」などとは聞かないで下さい。


今から一応販売しようとしている商品ですから、そうそう店員の方も積極的にケチをつけられません。

=================================
ポイントとしては、

「マジック前の準備に何が必要か?」

「演技後に観客に渡して検(あらた)めてもタネがばれないか?」

「演技するごとに消耗(しょうもう)して買い足さないといけないものが無いか?」

「フォースが必要か?」
※フォースとは、観客に1枚のカードを選ばせる際に、マジシャンが思ったカードを選ばせる技法です。

フォースはどうしても失敗の可能性があるので、必ず失敗後のプランを用意しておかなければなりません。

=================================

こういうアマチュアが演じるのに不都合な点がないかを、具体的に聞くことが大切です。


テレビなどで実演されて流行(はや)っているマジックでも、実際に演技しようとすると、事前準備が大変だったり、演技後の検(あらた)めが不可能だったりします。


そういった部分の意見を、マジックショップではさりげなく聞けるのがありがたいものです。


こういう情報は、詳しくホームページにも載せるわけにもいきません。


商品の仕入れ先にも見られるかもしれませんし、今後の取引にも影響してしまうでしょうから、あまり変なことは書けないからです。


マジックショップでは、店員の方の率直(そっちょく)な好みも聞けたりします。

よく似た現象を起こすものであれば、「私だったら、こっちよりはこっちを買いますね。」などと、ぶっちゃけてくれる方もいます。


DVDなどの商品だと、好みのジャンルさえあっていれば、自分の感性(かんせい)で選ぶより、「店員の方のおすすめ」を買う方がまず間違いないように思います。




スポンサーサイト
トランプマジックTB:2CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
『-』
管理人の承認後に表示されます
|2010/10/14(木) 17:23
『-』
管理人の承認後に表示されます
|2012/11/19(月) 08:18

トラックバックURLはこちら
http://inspiremagic.blog115.fc2.com/tb.php/8-f746ccce

カテゴリー

QRコード

QRコード

携帯電話のバーコードリーダーで上のQRコードを読み取ってお気に入りに登録してください。 携帯でもこのブログが読めるようになります。

ブログ内検索

カードマジック事典アンソロジー

ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー
ふじいあきら (2005/03/16)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る



マジックのマニアなら必ず読んでいる「カードマジック事典 高木重朗著 (東京堂出版)」という本があります。

いい本なのですが、書籍という形のため、マジックの現象がなかなか映像としてイメージしにくい部分がありました。

このDVDではそれを映像化するとともに、原案(げんあん)では演じにくい部分をふじいあきら氏の方法で改案(かいあん)しています。

技巧派(ぎこうは)のふじいあきら氏の改案なので一般の人からすると技術的に難しくなっている部分もありますが、合理性のある改案で興味のある方は勉強になります。

マジック初心者の方にとっては、訳(わけ)の分からない単語だらけですが、私のブログをこれからお読みいただければ分かっていただけると思います。

特に「アンビシャス・カード」と「トライアンフ」は身に付けるといつでも演じられる一生の宝物のようなすばらしいマジックだと思います。


内容
マジック解説
1 ライジングカード
2 カットして当てるカード
3 ストップカード
4 トライアンフ
5 Do as I DO
6 ポケットに通うカード
7 封筒の中のカード
8 色の変わるデック
9 アンビシャスカード
10 デックの消失

技法解説
クラシックパス
カバーパス
ダイアゴナルパームシフト
カル
サイドスティール
トップパーム

カードマジック事典

カードマジック事典 カードマジック事典
高木 重朗 (1983/01)
東京堂出版
この商品の詳細を見る



上で紹介したDVD「ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー」の元となっているマジック業界ではとても有名な本です。

私も隅(すみ)から隅(すみ)まで読み、いろいろ勉強になりました。

著者の故高木重朗氏は日本のマジック界をリードされてきたすごい博識のある方です。

限られたページ数の中で約200個ものマジックと基本用語解説、約100個もの技法解説という驚くべきボリュームのトランプマジックに関する解説がなされています。

もっとも、それ故に1つ1つの解説は簡単にポイントを絞ったものになっており、初心者の方が読む場合は、さらに詳しく解説してくれる人やDVDなどが必要だと思います。

一通り読んだだけではそのマジックの現象をイメージできず、またそのマジックの素晴らしさが分からないまま読み飛ばしてしまいがちです。

このブログでもカードマジック事典のマジックや技法をマジック初心者の方にも分かりやすいようにでき得る限り丁寧(ていねい)に説明していきたいと思います。

この本を購入されてご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

誠意をもってお答えさせていただきます。


マジックに関するご質問はこちらのアドレスまで!

dp12253215@qa.lolipop.jp


わたしの知識だけでは分からないことでも、誠意をもって対応させていただきます。

リンク集

Copyright(C) 2006 0から90日でふじいあきらのマジックができる All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。